子宮筋腫を婦人科で改善しよう|治療を受けて健康を守る

女性

女性特有の病気

女医

40歳以上の女性の4分の1は子宮筋腫だと言われています。この子宮筋腫は子宮筋に出来る良性腫瘍の事をそう呼びます。婦人科の検査で発見される事が多く、婦人科関係の腫瘍が関係する病気の中で最も多い病気です。良性であるため緊急性はなく、しっかりと対処すれば命に関わるような問題ではありません。良性腫瘍である子宮筋腫は悪性腫瘍であるがんとは異なり、がん細胞のように周辺組織を破壊する事もないので病気が発覚しても落ち着いて医師と一緒に治療に取り組みましょう。

子宮筋腫の主な症状としては月経痛や腰痛の悪化、月経の際に量が増えるなど些細なものです。筋腫が大きくなると症状が悪化してしまうので大きくなりすぎてしまうと腫瘍の切除手術を行ないます。切除は基本的には最終手段で、一般的には薬物療法や体質を改善するための漢方薬、女性ホルモンの働きをコントロールするためのホルモン治療が行なわれます。基本的には症状に合わせた治療が行なわれるのでこれら全ての治療が行なわれるので、症状や利用する病院によって治療方法が変わってきます。子宮内部の筋肉に腫瘍が発生してしまった場合は不妊の原因や不正出血の原因になってしまうので早い段階で治療を行なった方が良いでしょう。しかし、筋腫の多くは大きくならないと自覚症状が表れないので切除してしまう可能性があります。そのような事態を引き起こさないためにも定期的な検査を受けるようにする必要があります。

ダイエットに励む事が出来る

医者

最近では多くの方が大阪のダイエット外来で治療を受けるようになりました。ダイエットを行なう際に、医師が生活習慣を正すためのメニューを考えてくれるので確実にリバウンドをしない体作りが行なえるようになっています。

More Detail

不妊治療の助成制度と治療

カウンセリング

不妊症は夫婦からすると重大な問題です。そのため、治療を行なう際にも地域自治体からの助成を期待する事が出来ます。奈良では助成申請を行なえば制度を利用する事が可能なので申請を行ない、不妊治療を受けましょう。

More Detail

産婦人科選び

笑う女性

川崎には数多くの産婦人科があり、自分のニーズに合わせて検診を受ける医院や出産する医院を選ぶ事が可能です。病院の特徴などをしっかりとチェックして自分のニーズに合う病院を選択しましょう。

More Detail